• 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

成年後見制度利用促進のための意見交換会を開催しました

 県内の司法書士の団体である神奈川県司法書士会(所在地:横浜市中区、会長:星野務)及び日本司法書士会連合会(所在地:東京都新宿区、会長:今川嘉典)、公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート(所在地:東京都新宿区、理事長:矢頭範之)は、横須賀地域の4市1町とともに、県内初の中核機関の設置を目指して、成年後見制度利用促進のための意見交換会を平成30年12月3日(月)に行いました。
 
 平成28年5月「成年後見制度の利用の促進に関する法律」施行以来、全国の市町村に市民が成年後見制度を利用しやすくするための中核機関の開設が求められてきました。弊会では、専門職後見人のうち最も多くの割合を占める成年後見人として、これまでの成年後見制度への取り組みに加え、横須賀三浦地域の市町村、家庭裁判所、県との連携をさらに強化するために意見交換の場を設けることにしました。当日は100名以上が参加し、各自治体の成年後見の取組状況をふまえ、全国に先駆けて「志木市後見ネットワークセンター」を開設した志木市成年後見担当主席専門員の方を交えて活発な議論が交わされました。意見交換会では、中核機関を平成31年2月の地域福祉計画に盛り込み、最終的には家庭裁判所の後見人選任に際してのマッチング支援と後見人支援を行うという方向性を再確認しました。
 
 今回の意見交換会は「共生社会の実現」をスローガンにこれからも自治体・専門職団体・家庭裁判所の三者間協議会として継続していく予定です。
 
 
■日 時
平成30年12月3日(月) 13:00~17:00
 
■場 所
横須賀市立総合福祉会館(横須賀市本町二丁目1)
京浜急行汐入駅下車徒歩6分・JR横須賀駅下車徒歩8分・京急バス「本町一丁目」下車徒歩2分
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3010/sisetu/fc00000079.html
 
■プログラム
第1部「基調報告」
報告者:横浜家庭裁判所横須賀支部主任書記官
厚生労働省成年後見制度利用促進室長
 
第2部「全体報告」
報告者:成年後見センター・リーガルサポート神奈川県支部長
志木市成年後見担当主席専門員
 
第3部「意見交換」
テーマ:地域連携ネットワークの構築と中核機関の設置について
参加者:横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町の成年後見担当職員および社会福祉協議会職員、横須賀三浦地域の専門職後見人(弁護士・社会保険福祉士・司法書士)等
オブザーバー:厚生労働省成年後見制度利用促進室長、志木市成年後見担当主席専門員
 
■主 催 日本司法書士会連合会、神奈川県司法書士会、公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート
■後 援 横須賀市、横須賀市社会福祉協議会
 
 
【神奈川県司法書士会について】
http://www.shiho.or.jp/
神奈川県司法書士会は、司法書士の使命及び職責にかんがみ、その品位を保持し、司法書士業務の改善進歩を図るため、会員の指導及び連絡に関する事務を行うことを目的としています。
 
【本リリースに関するお問合せ先】
日本司法委書士会連合会事務局事業部企画第二課 担当:上田
電話 03-5925-8105(直通) FAX 03-3359-4175
 
↓上記の詳細につきましては、下記のリンクからご確認ください