• 標準
  • 拡大

かいけつサポート

かいけつサポート

手続の流れ

①センターの利用を希望される方とのご相談
(司法書士がお受けします)

②利用希望者へのセンターの特徴、手続きに関するご案内
(①と同時に行います)

③調停申込書受付と利用契約書の作成(当センター事務局もしくは①の司法書士事務所にて)
*運転免許証など、ご印鑑及び申込時手数料が必要になります

④申込書の受理・不受理決定

⑤[受理]
事件管理者の選任
*原則、利用申込相談を受けた者が就きます

[不受理]
申込書等の返還

⑥事件管理者から、調停の申込があったことを相手方に通知

⑦事件管理者から、相手方の出席確認
(⑥でご出席頂けるか、回答頂きたい旨の書面を送付します。ご回答が無い場合は、電話などの方法により、ご出席頂けるかを確認します)

⑧[応諾]
*相手方へのセンターの特徴、手続きに関するご案内

[相手方より拒否又は出席意思不表明]
終了

⑨調停人の選任(調停人名簿からセンター長が選任)

⑩相手方との利用契約書の作成
※運転免許証など及びご印鑑が必要になります。

⑪第1回期日(調停開始)
第1回期日の日程は、事件管理者が調停します。

⑫次回続行となる場合のご案内

⑬第2回期日

⑭第3回期日…

調停の終了
・合意成立
・当事者の申し入れによる終了(書面の提出をして頂きます)
・調停人による終了

センターからの利用者への通知・連絡の方法について

原則として、配達証明郵便で送付する方法により行います。
ただし、調停手続の期日の通知その他の事務連絡等については、普通郵便、電話、ファクシミリ及び電子メール等の方法で行います。

資料の保管について

センターで資料の写しを作成し、原本は原則としてその場で返還いたします(必要な場合は資料を預かる場合もあります)。資料は、施錠された保管庫にて保管いたします。

苦情の取扱いについて

  • 神奈川県司法書士会の苦情対応窓口にて対応いたします。
  • 苦情を申立てるとき、所定の苦情申立書を提出する必要があります。
  • 苦情の処理結果については、苦情を申立てた方に書面で通知いたします。