• 標準
  • 拡大

法律問題Q&A

法律問題Q&A

離婚について

  1. 裁判してでも離婚したいのですが、どうしたらいいでしょうか?

    妻と離婚したいのですが、何度話し合いをしようとしても応じてくれません。
    裁判してでも別れたいのですがどうしたらいいでしょうか。

    離婚にしても何にしても、問題は当事者間で充分に話し合い、お互いに納得した上で解決することが、その後の手続きもスムーズに行えるので、最もいい方法だと思います。しかし、実際はそれが難しいことが多々あります。
    離婚するには下記の4つの方法があります。

    (1)協議離婚
    最も一般的な方法です。夫婦共に離婚する意思があり、離婚のことについての話し合いができ、もし未成年者の子供がいる場合には、その子の親権者も決めた上で、役所においてある協議離婚届に夫婦が署名捺印して戸籍係に届出をするものです。

    (2)調停離婚
    夫婦間で離婚についての話し合いができなかったり、話し合いをしてもお互いの主張が平行線のまま折り合いがつかなかったりして、協議離婚ができない場合に、家庭裁判所に調停を申立てるものです。調停は、調停委員が夫婦双方の事情や言い分を聞いてくれて、助言をしてくれますが、あくまでも、調停委員を介した話し合いとなります。夫婦関係の問題については、基本的には話し合いで解決することがお互いにとって一番いい方法であるので、家庭裁判所の手続きとしては、まずは、調停を申立てて、それでも解決できなかった場合に離婚訴訟を提起できるようになっています。これを「調停前置主義」といいます。

    (3)審判離婚
    調停で話がまとまらなかった場合に、裁判官が、夫婦双方から提出された書類や調査官の調査結果等に基づいて判断して、離婚を決定する方法です。ただし、この決定に不服がある場合は、不服の申立をすることができ、その場合には、この決定が意味の無いものになってしまいます。

    (4)判決離婚
    調停での話し合いで問題が解決できなかった場合に、家庭裁判所に離婚訴訟を起こす方法です。裁判官から和解を勧められることがありますが、和解で解決できなかった場合は、裁判官の判決で最終的な解決となります。

    さて、あなたの場合ですが、あなたの奥さまが全く話し合いに応じてくれないとのことですから、協議離婚が成立する見込みがないようです。まずは、家庭裁判所で調停の申立てをした方がいいと思います。 

  2. 養育費を確実に支払ってもらえる方法はありますか?

    夫との離婚を考えています。小学生の子供は、私が引き取ることになりました。養育費の額や支払方法をどのように決めておけば、確実に支払ってもらえるでしょうか。

    養育費の取決めは、子供が成人に達するまでの間、各々の親の経済状況に合わせて、決定することになります。子供を育てるには、月々最低いくら必要なのか算出し、その金額を最低線として夫と交渉するとよいでしょう。
    養育費の支払いを確実にするためには、離婚の際に公正証書を作成しておくとよいでしょう。支払いが滞った際に、給料差押などの方法をとることができます。
    また、家庭裁判所の調停を利用して養育費を決めておくと、申立により、家庭裁判所から相手方に履行を促してもらうことができます。