• 標準
  • 拡大

法律問題Q&A

法律問題Q&A

相続・遺言について

  1. 娘に家を遺すにはどうすればいいですか?

    私の夫はすでに他界しており、子供は成人した娘と息子の2人です。
    娘は独身で、現在、私と二人で一緒に暮らしています。
    私が死亡したら、家を娘に遺してやりたいと思っております。どのようにすればよいでしょうか?

    特定の財産を特定の人に遺したい場合、遺言書を作成する必要があります。通常の遺言には(1)自筆証書遺言(2)公正証書遺言(3)秘密証書遺言の3種類があります。あなたがどの遺言書を作ったらいいのか、一度司法書士に相談されたらいかがでしょうか。
    主な遺言の種類と特徴は以下のとおりです。

    (1)自筆証書遺言
    遺言の全文、日付及び氏名をすべて自分で記載し、名前の下に押印して作成します。
    ・メリット
    費用がかからない。
    自分だけで作れる。
    遺言を作ったことを秘密にしておける。
    ・デメリット
    形式不備により法律上無効になる可能性が公正証書遺言より高い。
    遺言の存在を秘密にしていた場合、発見されない可能性がある。
    家庭裁判所の検認が必要。

    (2)公正証書遺言
    公証役場の公証人の作成する公正証書によってなされます。
    ・メリット
    遺言が形式不備により無効になる確率が格段に低い
    原本が公証役場に確実に保管されている。
    家庭裁判所の検認が不要。
    ・デメリット
    作成のための費用がかかる。
    遺言書作成に証人が必要となる。

    (3)秘密証書遺言
    遺言書は自分で作成し、公証役場による手続きにより遺言書の存在を公証しておくものです。
    ・メリット
    内容の機密性が確保される。(公正証書遺言との比較)
    公正証書遺言を作成するよりは費用がかからない。
    遺言の本文は自書でなくても署名ができれば作成可能。
    (自筆証書遺言との比較)
    ・デメリット
    遺言を公証役場に提出する際に証人が必要
    家庭裁判所の検認が必要
    遺言の中身は形式不備により無効になる恐れがある。 

  2. 遺言書には『相続させる』と書いたほうがいいのですか?

    私には、娘と息子がおります。夫はすでに他界しております。娘は独身で、私の家で一緒に暮らしています。私が死亡したら、私の家を娘の名義にしてやりたいと思っています。
    そこで、私は遺言を書こうと思っています。遺言書には「贈与する」ではなくて「相続させる」と書いていた方がよい、と聞きました。どうしてでしょうか?

    「相続させる」は、法定相続人に対して使い、「贈与する」はそれ以外の人に対して用います。「相続させる」と書いておくと、下記のような利点があります。
    ・登記にかかる費用が安くなる
    ・登記手続きに揃える書類が少ない
    ・手続きが簡単になる
    ご質問の「娘の名義にしたい」の場合、娘さんは法定相続人なので「相続させる」と書いたほうがいいでしょう。 

  3. 大した財産がなくても、遺言書は書いたほうがいいのですか?

    私には自宅以外に大した財産なんてないのですが、遺言書を書く必要があるのですか。

    あなたの死後、あなたの財産のことで、親族が不和になることを防ぐためにも、遺言書であなたが「この不動産は、○○に相続させる」などと遺産分割の指定をしておく意義は大きいといえます。
    また、あなたが今までいろいろと世話になって、心底財産を遺してあげたいと思っている人でも、法律上、相続人になれない人(例えば、内縁の妻、同居している長男の嫁)に財産を遺してあげるには、遺言書にその旨を記載するしかないのです。
    私たち司法書士が、「どうして遺言書を書いておかなかったのだろう」といつも残念に思うのは、ご夫婦の間に子供がいないケースです(このケースについては、「私たち夫婦には子供がいないのですが、妻だけに財産を遺す方法はありますか?」をご覧ください)。この場合、遺言書がなく、死亡配偶者の両親、祖父母が全員死亡していると、相続人に兄弟姉妹が加わります。ご自分の死亡後、配偶者が自分の兄弟姉妹(死亡している場合は、甥姪)と自分の相続財産のことで大変な思いをするなんて、考えたくもないのではないでしょうか。実際に、協議が難航してしまうケースは多々あります。このような方は、ぜひ、遺言書を書くことをお勧めします。 

  4. 私たち夫婦には子供がいないのですが、妻だけに財産を遺す方法はありますか?

    私たち夫婦には、子供がいません。この先、私たちが歳をとって私が先に死んだ場合、私の相続財産は妻以外に私の兄弟にも相続されると聞きました。私の財産は、私と妻とで築き上げたものであり、私の亡き後、妻を不安にさせたくはありません。妻だけに財産を遺す方法はないのでしょうか。私の両親は既に他界しております。

    被相続人に子供(養子も含みます)がいない場合、相続人が配偶者と両親(又は祖父母)の場合は、法定相続分は配偶者が3分の2、両親が3分の1となります。両親(含む祖父母)が既に亡くなっている場合は、被相続人の兄弟も相続人になり、法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟が4分の1となります。
    あなたのご両親は既にお亡くなりになっているとのことですので、あなたが配偶者に全財産を相続させたいのであれば、「全財産を妻~に相続させる」という内容の遺言書を書いておくことをお勧めします。兄弟には遺留分がありませんので、全ての財産は配偶者のものとなります。有効な遺言書といえるためには、形式等に気をつける必要があります。一度、最寄の司法書士にご相談ください。 

  5. 遺言書を見つけました。開けてみてもいいですか?

    今年になって、父が亡くなりました。最近、やっと落ち着いたので、父の使用していた部屋を片付けていましたら、たんすの引き出しから、「遺言書」とかかれた封筒が見つかりました。内容が気になるのですが、開けてみてもいいですか。

    あなたのお気持ちはよく分かりますが、開けないようにしてください。まず、その遺言書をあなたのお父さんの最後の住所地の家庭裁判所に提出して、検認の申立てをしてください。「検認」とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です(最高裁HP「遺言書の検認」より)
    また、遺言書に封がしてある場合には、家庭裁判所において、相続人などの立会いが無ければ、その封を開けることができません。遺言書の取り扱いには注意が必要です。手続きが不明な方は、最寄の司法書士にお問い合わせください。
    尚、これらの手続きは、遺言書が公正証書遺言の場合には、不要となります。 

  6. 遺言書にかかれた財産が既になくなっている場合はどうなるのですか?

    父は、生前、父の所有する別荘を私に相続させるという内容の公正証書遺言を作成していました。その後、父が亡くなったので、父の遺言通り、当該不動産を相続しようとしたところ、その不動産の名義は父のものではなくなっていました。父が第三者に売却していたようです。父の作成した遺言書の効力はどうなるのでしょうか。

    あなたのお父さんは、遺言書を作成した後でも、自由に自分の財産の処分ができます。
    仮に、今日、あなたに別荘を相続させるという遺言書を作成しても、いつでも第三者に売却可能なのです。
    遺言者が、死亡するまでの間に遺言書の内容と抵触することをした場合、その部分については、遺言が取り消されたことになります。
    つまり、相続の開始時点において、遺言書に書かれた財産が相続財産として存在しなければ、遺言の効力はありません。

  7. 未成年者は遺産分割協議に参加できるのですか?

    今年になって、夫が亡くなってしまいました。私には高校生の息子がいます。現在居住している不動産についての遺産分割協議をしたいと思っているのですが、未成年者である息子は協議に参加する資格はあるのでしょうか。

    被相続人に子供がいる場合、相続人は、配偶者と子供になります。法定相続分はそれぞれ2分の1であり、法定相続分通りに相続登記するのであれば、遺産分割協議をする必要はありません。あなたの場合は、法定相続とは異なる相続登記をするようですね。その場合は、遺産分割協議書が登記に必要な書類となります。そして、未成年者は遺産分割協議に参加する資格はありません。代理人に参加してもらう必要があります。
    今回の場合は、あなたも協議に参加するため、あなたが息子さんの代理人になることは利益相反行為となり、認められません。未成年者である息子さんについて、特別代理人を選任する必要があります。特別代理人選任の申立ては、家庭裁判所に対して行います。選任後、その代理人に協議書へ署名捺印してもらいます。
    一連の手続が大変だと思われる方は、最寄の司法書士にお問い合わせください。 

  8. 遺産分割協議をしたいのですが、相続人に行方不明者がいる場合はどうなるのですか?

    父が亡くなり、母と私と兄が相続人となりました。父が所有していた不動産は母名義に相続するよう遺産分割協議をしたいのですが、兄が海外に行ったきり音信不通で、今では生きているのか死んでいるのかさえ分かりません。兄が見つからない限り、遺産分割協議はできないのでしょうか。

    遺産分割協議は、相続人全員の合意であることが必要ですので、当然、お兄さんも参加しなくてはなりません。ただし、お兄さんが行方不明である場合は、お兄さんの参加が望めないため、お兄さんの代わりとなる、不在者財産管理人を選任して、その人に遺産分割協議に参加してもらうことにより、協議を成立させることができます。
    不在者財産管理人は、お兄さんの住所地の家庭裁判所に不在者財産管理人選任の申立てをして、選任してもらいます。不在者財産管理人には財産の処分の権限がありませんので、遺産分割協議に参加するには、権限外行為許可を得る必要があります。
    それぞれの手続等不明な方は、最寄の司法書士にお問い合わせください。 

  9. 遺産分割協議のやり直しはできるのですか?

    6年前に父が亡くなった際の遺産分割協議で、兄が母の面倒をみるという条件で、実家の土地建物を兄が全部相続しました。ところが、最近になって母と兄夫婦とは折り合いが悪くなり、お互い別々に暮らしたいとのことです。遺産分割協議のやり直しはできるのでしょうか。

    一度、遺産分割協議が成立しても、共同相続人全員の合意のうえ解除をし、再度、遺産分割協議を行うことは認められています。
    但し、これは民法上の話であって、税務上は簡単にはいきません。再度の遺産分割協議では、譲渡や交換と判断される恐れがあります。遺産分割協議を合意解除する前に、最寄の税務署に相談してみましょう。 

  10. ムコの私には相続権がないのですか?

    私は結婚に際し妻の苗字を名乗り、妻の実家に住んでいます。先月、舅が亡くなりましたが、遺産に関する話し合いに参加させてもらえません。ムコの私には相続権はないのですか?

    あなたは、亡くなった舅と養子縁組していましたか? 結婚して妻の姓を名乗るだけでは、舅の相続人にはなりません。相続人となるためには、妻の父と養子縁組をすることが必要だったのです。もし、あなたが舅と養子縁組をしているようでしたら、養子として相続権はあります。当然、あなたは遺産に関する話し合いに参加できますし、仮にあなたを除いて話し合いをしたとしても、その話し合いによる結論は無効となります。 

  11. 父が持っていた不動産を調べる方法はありますか?

    父が亡くなり、相続登記をすることになりました。自宅以外に、A県B市にも不動産を持っていたことはわかっているのですが、権利証が見つからず、不動産の詳細がわかりません。どのようにしたら父が持っていた不動産を把握できますか?

    市区町村役場には、その管轄区域内での不動産を所有者ごとに管理する台帳があり、一般に名寄せ帳と呼んでいます。あなたが、お父さんの相続人であることを証明する戸籍謄本などを添付して、役場に申請すれば、名寄せ帳を交付してもらえます。
    なお、不動産がお父さんの名義であっても、私道などの場合、名寄せ帳に記載されないケースがありますので、「公図」(法務局においてあります。)などを取って、前面道路の所有者がお父さんかどうか調べることも重要です。
    もし一連の手続きがご面倒でしたら司法書士が代わって取得することも可能ですので、最寄の司法書士にご相談下さい。 

  12. 父の生前に、相続放棄をすることはできますか?

    私の父は、健在なのですが、消費者金融など複数から多額の借金をしているようです。私は父とは一切関わりあいたくないし、今後、父が死亡したとしても相続などしたくはありません。父の生前に相続放棄をすることは可能でしょうか。

    相続放棄は、相続人となった人が、被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、受理されなければなりません。ですから、当然、死亡前には相続放棄はできません。
    あなたのお父さんには、多額の借金があり、その返済に困るようであれば、債務整理等今後お父さんの生活が立ち直るような手段を検討されることをお勧めします。 

  13. 遺産分割協議がまとまりません。どうしたらいいですか?

    父が亡くなり、母と私達子供4人が相続人となりました。父が複数所有していた不動産のことで、相続人間で何度か話し合いましたが、一向に話がまとまらず、もう、お互いに顔を合わせるのも嫌になってしまいました。母も高齢ですし、なるべく早く相続手続きを済ませたい気持ちもあるのですが、このままでは、どうしようもありません。どうしたらいいのでしょうか。

    遺産分割協議は、相続人間で円満にまとまるのが望ましいのですが、やはり相続人同士の思惑がからんで、平行線のまま協議がまとまらないこともあります。ところが、まとまらないからといって、そのまま放っておくわけにもいきませんね。そういう場合は、家庭裁判所に手助けをしてもらいましょう。
    まずは、家庭裁判所で遺産分割調停の申立てをします。これは、共同相続人の一人または数人から他の共同相続人全員を相手方として、相手方の住所地の家庭裁判所に申立てます。調停は、あくまでも話し合いですので、ここでも話がまとまらない場合があります。この場合は、調停が不成立となり、自動的に審判手続きに移行します。審判手続きでは、裁判官が相続財産や相続人の様々な事情、状況を考慮した上で、遺産分割の審判をします。