• 標準
  • 拡大

法律問題Q&A

法律問題Q&A

不動産登記について

  1. 不動産登記簿謄本はどこで取得できますか?

    不動産の登記簿謄本はどこで取得できますか?

    登記簿謄本はコンピュータ化され、現在は「登記事項証明書」と言われています。以前はその不動産を管轄する登記所(法務局)でなければ登記簿謄本を取得することができませんでしたが、登記事項証明書は正確な「所在」と「地番」(建物は「家屋番号」)が分かれば、どこの登記所でも取得できます(注)。
    また、インターネットを利用してすることも可能です(要登録・有料)。インターネットで登記事項証明書を郵送請求したい場合は「法務省オンライン申請システム」が、パソコン画面で登記事項を確認したいときは「登記情報提供サービス」が、それぞれ対応していますので、各ホームページにて利用方法を確認ください。
    直接、登記所(法務局)へ登記事項証明書を郵送請求することもできます。詳細は、各登記所(法務局)へお問い合わせください。

    注1 地番・家屋番号は、登記識別情報通知書(権利証)又は、固定資産税納税通知書などで確認できます。
     2 事情によりコンピュータ化されていない不動産があり、その場合は登記簿謄本を管轄の登記所で取得します。管轄外の登記所では対応していません。

  2. 地番と住所の違いはなんですか?

    自宅の不動産登記簿謄本を取得する必要が生じました。友人から、「地番と住所とは違うから気をつけて」と言われました。住所だけでは謄本はとれないのですか?

    土地の「地番」と、「住所」として用いられている「住居表示番号」は、全く別の符号です。
    「地番」とは、土地の番号のことです。これに対して、「住所」は、それまで土地の地番で定めていた住所を、合理的にわかりやすくするため自治体が定めているもので、「地番」とは別の番号です。
    ちなみに、「住居表示」が実施されていない自治体では、「地番」と「住所」が一致していることもあります。「地番」や「家屋番号」がわからないときは、権利証の中の「不動産の表示」を見れば、土地には「地番」、建物には「家屋番号」が記載されています。
    また、管轄法務局の証明書請求窓口に住宅地図や地番対照表等が備え付けられているので、参照して下さい。 

  3. 紛失した権利証の再発行はできますか?

    権利証を失くしてしまいました。再発行したいのですが、どうすればよいでしょうか。

    権利証を再発行することは、できません。
    不動産の売買などをする場合等、権利証が必要になる際には、権利証がない時の手続きが用意されていますので、最寄の司法書士にご相談下さい。