• 標準
  • 拡大

司法書士とは

司法書士とは

司法書士が、全力で解決に導きます

img_works02.jpg img_works02_sp.jpg

私たち司法書士は、皆様の権利をまもるべく、高度な法律知識を持った「あなたの街の身近な法律家」です。 神奈川県には、1000名を超える司法書士と、50を超える司法書士法人がおり、その全てが神奈川県司法書士会の会員です。
主な業務として、(1)不動産や会社・法人の登記手続きと供託手続きを、あなたに代わって(代理人となって)行ったり、(2)法務局や裁判所、検察庁に提出する書類を作成する他、(3)一定の研修を修了し、法務大臣の認定を受けた「認定司法書士」は、簡易裁判所を事物管轄とする民事紛争(請求額が140万円以内のもの)について、通常(少額)訴訟、即決和解、支払督促、証拠保全、民事保全、民事調停などの手続きや、裁判外での和解交渉についてもあなたの代理人となって行うことができます(簡裁訴訟代理等関係業務)。 身の回りの法律問題で困ったときは、ぜひ一度お近くの司法書士にご相談ください。きっとお役に立てると思います。

司法書士法人とは、資格者である司法書士が2人以上共同して、司法書士の業務を行うために司法書士法第26条により設立した法人をいいます。 司法書士法人に所属する司法書士は、下記の区分により分類できます。

社員 司法書士法人の構成員である司法書士
代表社員 司法書士法人の社員の中から特に代表を定めた場合のその司法書士
特定社員 司法書士法人の簡裁訴訟代理等関係業務を行う司法書士
使用人 司法書士法人に雇用されている司法書士