• 標準
  • 拡大

成年後見のこと

成年後見のこと

成年後見についての相談事例をご紹介します

「成年後見」という言葉をご存知ですか?認知症や知的障がい等により判断能力が十分でなく、自分で自分の財産を管理することが困難な方々にとって、その代わりに財産を管理してくれる「後見人」を選ぶ制度です。「自分の築いてきた財産。人に管理してもらうなんて、なんだか不安…」そう思われるのはごもっとも。だからこそ、本当に信頼できる人が必要です。司法書士には、誰よりも率先して後見人となってみなさまの大切な財産を守ってきた実績があります。私たちは、今後もみなさまが安心な生活を送るお手伝いを続けて参ります。

  • 将来のために、後見人になってくれる人を決めておきたい

    任意後見

    「今はしっかりしているから、自分のことは何でもできるし、財産の管理も問題ない。だけど、将来のことを考えると不安」という方のために「任意後見制度」があります。しっかりしている今のうちに、今だからこそ、将来もし病気になってしまったり、動けなくなってしまったら、どのような生活をしたいのか、そのときの財産はどのように使うのかについて決めておき、あなたの決めた通りに動いてくれる人(任意後見人)も決めておくのです。
    これは、あなたと任意後見人との契約です。きちんとした契約書(公正証書)を作成し法務局で登記もされます。
    司法書士は、任意後見に関するあらゆる手続きをサポートします。また、ご希望があれば任意後見人に就任することも可能です。お気軽に司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 元気な今のうちに、将来入る施設のことについて決めておきたい
    • 将来、自分の代わりにあらゆる手続きをしてくれる人(任意後見人)を、今のうちに決めておきたい
    • 将来、認知症などになってしまった場合の財産管理が心配
    • 障がいをもった子供がいるが、自分に何かあった場合、子供のことが心配
  • 認知症の親の定期預金を解約しようとしたら、後見人を付けてくださいと言われました

    後見開始等の申立

    お年寄りが一人で居るときに、悪徳業者などから不要な物を買わされたり、不要な工事をされたりして、周りの人が気がついたときには、その方の財産が無くなってしまったり、大きく減少してしまっていたりすることがあります。
    このようなことを防ぐために、判断能力の低下した方には、その方を支援する人、その方の代わりに契約する人(成年後見人等:成年後見人、保佐人、補助人)を選任する必要があります。成年後見人等は、家庭裁判所で選任されます。
    司法書士は、家庭裁判所への選任申立書の作成ができます。また、成年後見人等の候補者がいない場合に、司法書士が候補者となることも可能です。まずは司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 一人暮らしの親族が認知症になってしまった
    • 認知症の親の預金を下ろしに行ったら、銀行から「成年後見人をつけるように」と言われた
    • 障がいをもった子供がいるが、自分に何かあった場合、子供のことが心配
  • 裁判所に成年後見人の候補者を付けて欲しいと言われました

    後見人等への就任

    自分の将来のことが不安なので、今のうちに後見人を決めておきたいが、頼める人がいない。
    親族で認知症の人がいるので、早く後見人選任の申立をしたいが、後見人になってくれる人が居ない。
    など、後見制度を利用しようと思っていても、親族など身近な人に適任者がいない場合には、司法書士が後見人等に就任することも可能です。
    司法書士は、家庭裁判所から、第三者後見人として最も多く選任されています。安心して司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 身近に後見人を頼める人がいない
    • 親族間でもめているので、親族が後見人になることは避けたい
    • 親族は高齢者ばかりなので、将来のことを託すには不安

地域

  • 全て選択する
  • 全ての選択を解除する