• 標準
  • 拡大

相続のこと

相続のこと

相続についての相談事例をご紹介します

相続、それは誰もがいつかは経験する出来事。それなのに、「まだ元気だから・・・」と遠ざけて、知識不足になりがちな問題でもあります。でも、生前に適切な手続をとらなかったために、残されたものの間でトラブルに陥ってしまうことも、残念ながら少なくなりません。そうなる前に、司法書士にご相談ください。みなさまの相続を争続にしないよう、お手伝いします。

  • 不動産の相続・売買・贈与による名義変更

    不動産の名義変更

    司法書士は、家・土地(不動産)の名義変更に関する手続(登記手続)の専門家です。手続きの流れ、必要な書類の作成、提出の代理、費用に関することなど、お近くの司法書士へお気軽にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 自宅の名義が、亡くなった父親のままになっているので相続手続をしようと思っている
    • 自宅の借地について、地主から買い取ることで、話がまとまりそうである
    • 長男夫婦が家を新築するため、私の土地を住宅敷地として贈与しようと思う
    • 離婚することとなり、家を財産分与するため、名義を変える必要がある
    • 相続人が行方不明で遺産分割が出来ない
  • 相続人で遺産分割協議をするとき

    遺産分割

    司法書士は、遺言・相続に関係する登記手続や家庭裁判所に対する申立などの手続きを通じて、各種相続手続を行う専門家です。お近くの司法書士にお気軽にご依頼ください。

    例えばこんなとき
    • 亡父名義の家屋敷を長男が相続することは決まっているが、遺産分割協議書の作成が必要らしい。しかし、どのように作ったらいいのかわからない。
    • 相続人がたくさんいて、遺産分割ができない、どうしたらよいか?
    • 遺産分割協議が決裂し、財産が宙に浮いている。裁判所の遺産分割調停で事態を動かしたい。
  • 遺言書を作成したい。

    遺言作成

    司法書士は、遺言・相続に関係する登記手続や家庭裁判所に対する申立などの手続きを通じて、各種相続手続を行う専門家です。お近くの司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 遺言書の作成方法を聞きたい。
    • 不動産を特定の相続人が相続するような遺言を作りたい。
    • 私が遺言を書かないと相続人はだれになるか確認したい。
    • 遺言をしたほうが良いか聞いてみたい。
  • 自筆らしい遺言がみつかったときの手続は?

    遺言の検認

    被相続人に自筆の遺言が残されていたときは、家庭裁判所での検認手続が必要です。遺言による不動産の相続手続などは遺言の検認を先にする必要があります。
    手続についてはお近くの司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき

    • 被相続人の遺言書とかかれた封筒がみつかった
    • 遺産分割が終わった後で、遺言書がみつかった
    • 死後何年か経った後に遺言書がみつかった
  • 父が多額の負債を残して亡くなりました。

    相続放棄・限定承認

    相続人は、被相続人の負債も相続します。被相続人の負債が多額のときは、相続すると不利なときもあり、そのため、相続人は相続を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続をすることができます。相続放棄が認められると相続人ではないことになります。また、相続財産と負債が不明で相続放棄をするか迷うときは、負債について相続財産を限度として責任を負う限定承認という手続きを選択することもできます(但し、相続人全員で手続をする必要があります)。手続の詳細についてはお近くの司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 父の債権者と名乗る者から支払い請求が来た。
    • 父の死後3ヶ月を越えてしまった。父の借金の存在は全く知らなかった、何とかならないか
  • いとこが亡くなりましたが、相続人がいません。

    相続人不存在

    相続人でない者は、遺言が無い限り、遺産を相続することはありません。ただ、相続人が1人もいないときに限り、生前の被相続人と特別関係が深かった者は家庭裁判所の審判を受けて、遺産の一部を受取れることがあります。例えば、事実上の養子や内縁相手などが考えられます。
    詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 籍を入れていないが、長年つれそった人が亡くなった。
    • 相続人がいないが、被相続人と親しかった人に、相続財産を受け継がせたい。

地域

  • 全て選択する
  • 全ての選択を解除する