• 標準
  • 拡大

不動産のこと

不動産のこと

不動産関係での相談事例をご紹介します

不動産は、とても高価な物です。 そのために、権利関係も複雑になりがちです。それらの知識が不足していて、意外なことに足をすくわれる場合も・・・。 不動産取引・手続きのことは、司法書士に相談して下さい。司法書士は不動産に関するプロフェッショナル。 安全で安心な不動産取引を、法律面からバックアップします。

  • 不動産の相続・売買・贈与による名義変更

    不動産の名義変更

    司法書士は、家・土地(不動産)の名義変更に関する手続(登記手続)の専門家です。 手続きの流れ、必要な書類の作成、提出の代理、費用に関することなど、お近くの司法書士へお気軽にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 自宅の名義が、亡くなった父親のままになっているので相続手続をしようと思っている
    • 自宅の借地について、地主から買い取ることで、話がまとまりそうである
    • 長男夫婦が家を新築するため、私の土地を住宅敷地として贈与しようと思う
    • 離婚することとなり、家を財産分与するため、名義を変える必要がある
    • 相続人が行方不明で遺産分割が出来ない
  • 担保(抵当権)の抹消・設定

    抵当権設定・抹消

    住宅ローンを完済したときは、自宅の抵当権を抹消する必要があります。金融機関から抵当権抹消手続に必要な書類を受け取ったときは、速やかに手続きをしてください。手続きの流れ、提出の代理、費用に関することなど、お近くの司法書士へお尋ねください。

    例えばこんなとき
    • 住宅ローンを完済したら、銀行から担保抹消に必要な書類が送られてきた。
    • 知人にお金を貸すのだが、念のため、担保(抵当権等)をつけておきたい。
  • 登記事項証明書(登記簿謄本)の取得

    登記事項証明書の取得

    家や土地(不動産)の所有者が誰か、面積がどうなのか、担保はついているか等の証明は法務局から発行される登記事項証明書(登記簿謄本)によって行います。現在の登記事項証明書は「地番」(住所とは異なります)がわかれば、お近くの法務局で日本全国のものが取得できます(一部の不動産を除く)。もちろん司法書士が代行して取得することもできます。お気軽にお近くの司法書士へお問合せください。

    例えばこんなとき
    • 法務局に行く時間がないので、登記事項証明書を代わりに取って欲しい。
    • 土地の以前の名義人を調べて欲しい。
  • 大家さんが敷金を返してくれません。

    敷金返還請求

    住宅の賃貸等に際して大家さんに預け入れられる敷金は、その賃貸借契約が終了し、退去した後には、未払い賃料分などを差し引いて返金されるべきお金です。敷金が返ってこないトラブルでは、入居者の原状回復義務が問題となることが多いようですが、建物は時の経過によって古くなっていくのは当然のことなので、この原状回復とは建物を賃借した最初の状態に戻すことではありません。ですから、入居者は故意・過失あるいは通常でない使用方法による部屋の劣化の分だけ負担すれば良いことになります。
    大家さんとの話がうまくまとまらないときは、司法書士が代理人として話し合いの窓口になることもできます。詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 敷金が全くかえってこない。
    • 敷金がかえってきたが、金額が少なすぎる
    • 敷金がかえってくるどころか、逆に大家に支払いの請求を受けた
  • 家賃を払わない住人に、出て行ってもらいたい。

    建物明け渡し請求

    家賃が全然払ってもらえなくても、賃借人を強制的に退去させることはできません。裁判で勝訴して強制執行の手続をとる必要があります。裁判の前に話し合いでの解決を期待するなら、司法書士を代理人として請求をしてみたらいかがでしょうか。
    簡易裁判所管轄の民事事件(原則140万円以内のトラブル)では、司法書士(簡裁代理認定司法書士)は、本人の代理人となって、交渉・和解・調停・訴訟手続を行うことができます。神奈川県司法書士会では認定司法書士をご紹介することもできます。

    例えばこんなとき
    • 家賃を何ヶ月も滞納した住民が、退去請求にも従わない。
    • 退去する代わりに立ち退き料を要求された
    • 家賃を滞納した住人が現在行方不明である
  • 家賃が払えず訴えられた。未払い家賃の支払いをしたい。

    賃料請求

    「半年前に会社にリストラされ、家賃が払えなくなった。最近、ようやく次の仕事が決まり、給料が入れば家賃を少しずつ多めに払うことはできる。ところが、大家から簡易裁判所に訴えられてしまった。このまま住み続けるようにはできないだろうか。」
    訴えを無視すると訴えた側の全面勝訴となり、強制的に立ち退くことになってしまいます。裁判所は平日しかやってませんが、代理人に司法書士(簡裁代理認定司法書士)を選任すれば、自身は裁判所に出頭せず、相手方と分割払いなどの和解交渉をすることができます。詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 家賃を何とか支払っていく意思があるので、今住んでいる部屋を出て行きたくない。
    • 家賃の支払い方法について話し合いをもちたい
    • 滞納家賃を支払っても、受け取ってくれない
  • 隣家と土地の境界でもめている。

    筆界特定

    隣の土地との境界線で争いがあって、当事者同士の話がまとまらないときは、さらに話をしようとしても、双方感情的になって、話が膠着状態になってしまいます。
    例えばこんなときは法務局に境界線の確定の申し立て(筆界特定の申請)を行い、判断を受けることができます。申立は司法書士が代理人となって行うことができます。
    お近くの司法書士にお気軽にご相談いただければ、事案にあった解決方法をアドバイスさせていただきます。

    例えばこんなとき
    • 隣家が自分の敷地上にはみ出している
    • 境界線が分らない
    • 境界線を主張しても、相手がとりあってくれない

地域

  • 全て選択する
  • 全ての選択を解除する