• 標準
  • 拡大

裁判のこと

裁判のこと

裁判関係での相談事例をご紹介します

ひとくちに裁判と言っても、そこに至る過程はさまざま。司法書士は、みなさまが無用なトラブルに遭遇し争いに至ることを未然に防ぐという視点を大切にしてご相談をお受けしています。裁判は、お金がかかるとか勇気が要るとか、躊躇する前に、まずは司法書士へ相談してみてください。

  • 大家さんが敷金を返してくれません。

    敷金返還請求

    住宅の賃貸等に際して大家さんに預け入れられる敷金は、その賃貸借契約が終了し、退去した後には、未払い賃料分などを差し引いて返金されるべきお金です。敷金が返ってこないトラブルでは、入居者の原状回復義務が問題となることが多いようですが、建物は時の経過によって古くなっていくのは当然のことなので、この原状回復とは建物を賃借した最初の状態に戻すことではありません。ですから、入居者は故意・過失あるいは通常でない使用方法による部屋の劣化の分だけ負担すれば良いことになります。
    大家さんとの話がうまくまとまらないときは、司法書士が代理人として話し合いの窓口になることもできます。詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 敷金が全くかえってこない。
    • 敷金がかえってきたが、金額が少なすぎる
    • 敷金がかえってくるどころか、逆に大家に支払いの請求を受けた
  • 家賃を払わない住人に、出て行ってもらいたい。

    建物明渡請求

    家賃が全然払ってもらえなくても、賃借人を強制的に退去させることはできません。裁判で勝訴して強制執行の手続をとる必要があります。裁判の前に話し合いでの解決を期待するなら、司法書士を代理人として請求をしてみたらいかがでしょうか。
    簡易裁判所管轄の民事事件(原則140万円以内のトラブル)では、司法書士(簡裁代理認定司法書士)は、本人の代理人となって、交渉・和解・調停・訴訟手続を行うことができます。神奈川県司法書士会では認定司法書士をご紹介することもできます。

    例えばこんなとき
    • 家賃を何ヶ月も滞納した住民が、退去請求にも従わない。
    • 退去する代わりに立ち退き料を要求された
    • 家賃を滞納した住人が現在行方不明である
  • 家賃が払えず訴えられた。未払い家賃の支払いをしたい。

    賃料請求

    「半年前に会社にリストラされ、家賃が払えなくなった。最近、ようやく次の仕事が決まり、給料が入れば家賃を少しずつ多めに払うことはできる。ところが、大家から簡易裁判所に訴えられてしまった。このまま住み続けるようにはできないだろうか。」
    訴えを無視すると訴えた側の全面勝訴となり、強制的に立ち退くことになってしまいます。裁判所は平日しかやってませんが、代理人に司法書士(簡裁代理認定司法書士)を選任すれば、自身は裁判所に出頭せず、相手方と分割払いなどの和解交渉をすることができます。詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 家賃を何とか支払っていく意思があるので、今住んでいる部屋を出て行きたくない。
    • 家賃の支払い方法について話し合いをもちたい
    • 滞納家賃を支払っても、受け取ってくれない
  • 請け負った仕事の報酬を払ってくれません

    請負代金請求

    建物の工事やソフトウェアの開発など請け負った仕事の報酬をもらえないとき、話し合いで解決しない場合は、「裁判」によって報酬を請求することができます。
    ただ、裁判といっても、その形式はさまざまで、個々のケースに合った手段を選ぶ必要があります。
    「裁判はお金がかかるから・・・」などとためらわず、まずはお気軽に司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 仕事の依頼だけしておいて、報酬は全く支払ってくれない
    • 報酬は既に支払った(食事をご馳走した等)といっている
    • 報酬を支払ってくれないまま、行方が分らなくなった
  • 裁判で訴えられたのですが・・・

    訴えられた

    まず、慌てずに送られてきた書類をよく確認しましょう。
    誰からどのような請求を受けましたか?
    いつ裁判所へ行かなくてはなりませんか?
    このような状況を把握した上で、ご自身で対応できそうにない場合は、ぜひ司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 裁判所から書面が届きました。出頭しなさいとかかれてありますが、どうしていいのか分かりません
    • 裁判はよく分からないので、専門家に相談したい
    • 裁判所が余りにも遠くにありすぎて、とても出頭できそうにない
  • 少額訴訟はどのような場合に利用できますか?

    少額請求

    お金にまつわるトラブルで、その金額が60万円以下の場合は「少額訴訟」という手続きを利用できます。
    この手続きは、裁判が原則一日で終わる、という簡易迅速なものですので、トラブルの内容がそれほど込み入ったものでない場合に適している制度です。
    認定司法書士であれば、弁護士と同様に、訴訟代理人となり、本人に代わって訴訟手続きも行えます。詳しくはお近くの司法書士へご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 裁判はしたいが、時間は掛けたくない
    • とにかく相手に出頭して欲しい
    • 分割払いや支払いを待ってあげてもいいので、とにかく支払う誠意をみせてもらいたい
  • 裁判で勝ったのですが、相手がお金を払ってくれません

    差し押さえ

    裁判で権利を勝ち取っても、必ず相手がお金を支払ってくれるとは限りません。
    このような場合は、相手の財産を差し押さえ、強制的に支払いをしてもらう強制執行を行います。
    財産には、不動産や自動車などの物的資産に限らず、給与や預金などの債権的資産も含まれます。強制執行をはじめとする裁判関係のご相談もお気軽に司法書士にお問合せください。

    例えばこんなとき
    • 相手の預金口座がわかった。迅速に差押がしたい
    • 相手の不動産を差し押さえて、現金を回収したい
    • 相手の財産があるかどうか分からない、まずは相談したい
  • 交差点で車同士衝突し、ケガはないのですが、修理費用でもめています

    交通事故

    交差点で出会いがしらの衝突事故、相手は怒鳴りかかってきて、全部こちらが悪いから全部弁償しろと言ってきた。こんな場合でもお互いに落ち度があれば、全部弁償する必要はありません。また、お互いに損害を負担するにしても、賠償する金額に納得できない場合もあります。そのような時は司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 相手が事故の落ち度を認めず、お金を支払ってくれない。
    • 事故の影響で、新車に買い換えるので購入代金を全額請求された。
    • 相手が、交通事故の示談交渉にも応じない。
    • 事故で会社を休んだりしているのに、賠償額が納得できない。
  • 不倫相手への慰謝料請求

    慰謝料請求

    今まで円満な夫婦生活を送ってきたのに、夫(妻)の不倫が発覚。それによって夫婦関係が壊れてしまった。不倫をした夫(妻)が許せないが、その不倫相手も許せない!こんな場合、その不倫相手に対して慰謝料請求することができます。お気軽に司法書士にご相談ください。

    例えばこんなとき
    • 不倫によって夫婦関係がこわれてしまった
    • 不倫相手に慰謝料を請求しても全く応じない。
    • 不倫相手にいくら慰謝料を請求すべき分からない。

地域

  • 全て選択する
  • 全ての選択を解除する